フルブライト奨学金

March 31, 2014

フルブライト奨学金の受け付けが、明日4月1日からはじまります!

 

http://www.fulbright.jp/scholarship/index.html

 

奨学金の内容は毎年変更されますが、今年は

・給付内容は往復渡航費(現物支給)、

・生活費(留学先によって金額が異なる)、

・授業料(大学院留学プログラムのみ)および家賃、

・着後雑費、

・別送荷物、

・同伴家族に対する補助手当てを含みます。

・さらに、疾病・障害をカバーするフルブライトグループ保険(本人のみ)が含まれます。

 

「フルブライト奨学生は、訪米目的終了後、直ちに日本に帰国することを義務づけ、

さらに米国に再入国する場合、帰国後通算2年間日本に滞在した後でないと、

いわゆる移民 (immigrant, permanent resident)、

短期役務(“H”/temporary worker)、

会社転勤 ("L"/ intracompany transferee) 等の査証を申請することができません。」

 

このような気をつけなくてはならない条件付きではありますが、

高い学費や渡航費、家賃等を給付してもらえるので、応募してみる価値はあります。

 

 

応募するにあたり以下のものが必要となります。

・TOEFLは80点(iBT)以上、IELTSは6.0以上

・エッセイ(申請書類)

・経歴・履歴

・これまでの学業成績・業績

・奨学金制度趣旨と研究計画の合致

・英文推薦状3通

・面接

 

準備がめんどくさそうに思われるかもしれませんが、この時期にフルブライトの

準備をすることにより、のちにMBA受験で必ず必要となるエッセイや

推薦状を早い時期から書き始めるきっかけになるのです。

 

MBA受験を早い段階からどんどん進めることができ、その上奨学金も

もらえるなんて一石二鳥!!

 

TGでは、奨学金申請のサポートも手厚く行っております。

フルブライトをはじめ各種奨学金のご相談を受けておりますので、

お気軽にお問い合わせください。

Please reload

Featured Posts

フルブライト奨学金

March 31, 2014

1/3
Please reload

Recent Posts

August 14, 2019

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • image1.gif
  • Wix Facebook page
  • Twitter Classic
  • 2795.png

Copyright© 2014 青山TGセミナー T-Lab  All Rights Reserved.   無断転載お断り

info@tg.liberal-arts.com   /  http://www.liberal-arts.com/

  

Let's Have a Ball & Make History!!